FC2ブログ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/01 (Thu) 19:00
「hyro的若手女優ピラミッド」の採点表(2008年7月付け) 後編

いよいよ、最後の後編へ。

第三列目から第一列目までの計6人の若手女優について。
第3列目:
  夏帆 ~現在進行形の東京少女~ 43点
【ルックス】 9 【スタイル】 8 【演技力】 9 【精神力】 8 【格】 9

映画「東京少女」と映画「砂時計」では、ヒロイン女優としての力量を遺憾なく発揮した。
2008年度最優秀主演若手女優候補(賞の名前としては長い・・・)。
映画「うた魂♪」では、普段とは違うコミカルなキャラ設定ながら、無難に演じ抜いている。様々な役柄に対する高い柔軟性を見せたといえよう。
ここ一年の成長には、目を見張るものがある。
もはや、この世代では、成海・大後と並び、演技の安定感においてトップレベルの存在となった。

  榮倉奈々 ~9頭身の元気娘~ 42点
【ルックス】 9 【スタイル】 10 【演技力】 7 【精神力】 8 【格】 8

現「SEVENTEEN」モデル。
今年春からのNHK連続テレビ小説「瞳」で主役に抜擢され、一気にブレークかと思われた。しかし、視聴率が低迷しており、その目論見は期待外れに終わった。
視聴率が低迷している要因は、「主題が分かりづらいストーリー構成」など色々挙げられるのだろうが、「主演ヒロインとしての力量不足」が一番と言って過言ではない。
ダンスシーンからは、榮倉が運動を苦手とする事が明らかであったし(共演の満島ひかりと比較すると尚更・・・)、悲しみ・怒りなどの負の感情を表わすシーンにおける演技の拙さもあった。
半年の放送期間を通じて、榮倉の演技は多少なりとも良くなってはいたが・・・。現時点で、主演を張るには荷が重すぎたといえよう。

見事な長身スタイルを誇り、人なつこい笑顔をする事もあり、個人的には思い入れが強い女優なのだが、苦戦を強いられるであろう。
同年代の若手女優との競争は激化していく一方である。さらに、下の世代からの突き上げも激しくなるばかり。

  新垣結衣 ~天下無敵のハッピー・スマイル~ 44点
【ルックス】 10 【スタイル】 10 【演技力】 8 【精神力】 7 【格】 9

元「ニコラ」モデル。
雑誌モデル出身の若手女優としては、圧倒的なビジュアルを誇る。
音楽活動に執着している様なので、精神力は低めにした。
他を圧倒するビジュアルに、平均以上の演技力を備えてるのだから、女優業一本で十分であろうに・・・。


第2列目:
  成海璃子 ~マルチタイプ女優~ 45点
【ルックス】 9 【スタイル】 8 【演技力】 10 【精神力】 9 【格】 9

ドラマ「ハチクロ」では、苦手とするはずの「不思議ちゃん」タイプの花本はぐみを好演。映画版「ハチクロ」における蒼井優に匹敵する存在感を示していた。もはや、全てのタイプの役柄を、ハイレベルに演技できてしまう事を証明してしまった。
マルチタイプ女優の出現である。末恐ろしすぎる・・・。
ただ、ここまでの実績があまりに素晴らしいがゆえに、最近はスランプ気味のようである。
ライバルは自分自身といったところか。

  堀北真希 ~二重人格ヒロイン~ 41点
【ルックス】 9 【スタイル】 8 【演技力】 10 【精神力】 9 【格】 9

映画「東京少年」において、二重人格の少女を怪演する。男性人格の時における攻撃的な性格と、女性人格の時における受動的な性格とのギャップで、鮮烈な印象を残した。
第2世代においては、演技力が突出してしまっている。


第1列目:
  蒼井優 ~天然系女優からの脱皮~ 47点
【ルックス】 9 【スタイル】 8 【演技力】 10 【精神力】 10 【格】 10

映画「百万円と苦虫女」では、前科を負って各地を放浪する孤独な少女を熱演。
蒼井優は、ここまでは、主に天然キャラが入った不思議な少女役が多かった。陰のあるシリアスな役柄が少なく、そういった役柄が得意な宮崎あおいとは上手く棲み分けをしてきたといえる。
しかし、ここにきて、蒼井優が、シリアスなヒロイン像を新たに提示。
Wあおい同士で演技バトルが再発しそうな予感。

@映画「害虫」では、どこまでもダークサイドに堕ちていく少女を怪演し、圧倒的な存在感を醸し出していた宮崎あおいに、蒼井優が奮戦空しく叩き潰されていた。あれは、記憶に残る演技バトルであった・・。

さらなる高みを目指す蒼井優にとって、ドラマ「おせん」での主役抜擢は、あくまでキャリアに華を添える程度の出来事でしかない。「おせん」での役柄は、あくまで今までの不思議ちゃん女優のイメージを延長させたものでしかなかったし。

やはり、私が見たいのは、宮崎あおいとの超絶レベルな演技バトル(´¬`)ゴクリ・・
でなければ、「Wあおい」という括りをつける必要はないし、両者を比べる必要もない。

以上、終わり。
スポンサーサイト

<< 久しぶりに | ホーム | 「hyro的若手女優ピラミッド」の採点表(2008年7月付け) 中篇 >>

コメント

ご無沙汰してます。

旧ブログではお世話になりました。
こちらのブログ最近気付きました…やっぱり最高です!!!
最近の若手女優は確かにポテンシャルの高さを感じます。表情が有る。少し上の代のモデル出身女優は能面が多かった。だからどの役も同じにしか見えなかったのですが、今の若手は役柄によって見事に変わりますね。(上野樹里などスウィングガールズの時とは別人)なのでしょもないスキャンダルで価値をおとしてほしくないものです。(ex エリカ様)
今後も深~いブログ期待してます。
追伸
FAYRAYついに始動です。アルバム、ライブ等、hyroさんのコメントおねがいします!!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。